>>> 特許調査・意匠調査・商標調査 特許調査  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 
産業財産権(特許)調査
特許調査

特許調査の専門性について
特許調査は、弊社の最も得意とする調査の一つです


今では、電子図書館で誰でも調査ができる時代ですが、処理時間や、人件費の費用対効果を考えるとアウトソーシングが有利です。
知財情報マネージメントのワークフローからは、〜無敖敢(過去の先行技術をテーマに応じて収集)と、定期調査(発行される最新の情報をセレクト)の二つに分けられ、 ご自身で調査をされている方にとっては、アウトソースを活用することで、計画的なマネージメントに専念できる効果もあります。

・特許調査と実用新案の遡及調査 (出願前調査/審査請求前調査/公知資料調査/情報提供調査/無効審判調査/資料収集調査/権利抵触回避調査など)
・定期調査(カレントアウェアネス/監視・ウォッチング/SDIなど)


プロパティでは、以下の点を特許調査に携わる自己評価のチェックポイントとして、適切な調査結果が提供できるように努めています。


…敢座仂櫃竜蚕冓野に対して適切な知識があるか
技術用語・シソーラスの知識があるか
F探分類〜国際分類、CPC、階層検索などの知識があるか
ぅ如璽織戞璽垢旅渋い紡个垢訝亮(全文検索、ファミリー型の優位点・問題点などの理解)があるか
ハ斥演算を組み立てる検索技術での計画性・論理性があるか
δ敢座仂櫃箸垢觚生譴理解できるか
調査対象分野の経済的な背景知識(サプライチェーン等の知識)
調査目的に応じた調査計画・プロセスの選択
特許データの情報処理力(データのマージや統計処理)
特許の法律知識(出願経過参酌などの請求範囲の解釈や必要な最低限の特許法知識)
非特許文献に関する知識
根気と責任感...など

特許調査に問題が生じましたら、是非、プロパティ社にご相談下さい。

プリンタ出力用画面

前のページ
産業財産権の調査
コンテンツのトップ 次のページ
出願前調査