>>> 特許調査・意匠調査・商標調査 特許調査  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 
産業財産権(特許)調査
特許調査・実用新案の調査

特許調査(実用新案調査)の専門性とアウトソーシングの活用について

特許調査(実用新案調査)は、弊社の最も得意とする調査の一つです

 特許庁の提供している「特許情報プラットフォーム|J-PlatPat」が一般に公開され、誰でも検索が簡単にできる時代ですが、もし調査の目的が確定しているのであれば、処理時間や、人件費の費用対効果を考えるとアウトソーシングが有利です。

 特許調査・実用新案調査には、目的に応じて主に以下のタイプの調査があります。

<遡及調査>
 出願前調査/審査請求前調査/無効調査
 公知資料調査/情報提供調査/資料収集調査/権利抵触回避調査など

<定期調査(カレントアウェアネス>
 監視・ウォッチング
 SDIなど

 特許調査・実用新案調査は、ぞれぞれの目的に応じた注意点があります。最も難しいのは、他社の権利に侵害しない様に市場に投入する製品の特性に沿った調査ですが、この場合、調査漏れを無くすために、大量の文献を効率よく調査しなければなりません。

 プロパティでは、以下の点を特許調査に携わる自己評価のチェックポイントとして、適切な調査結果が提供できるように努めています。


…敢瑳圓調査対象の技術分野に対して適切な知識があるか
技術用語・シソーラスの知識があるか
F探分類〜国際分類、CPC、階層検索などの知識があるか
ぅ如璽織戞璽垢旅渋い紡个垢訝亮(全文検索、ファミリー型の優位点・問題点などの理解)があるか
ハ斥演算を組み立てる検索技術での計画性・論理性があるか
δ敢座仂櫃箸垢詈幻イ慮生譴理解できるか
調査対象分野の経済的な背景知識(サプライチェーン等)の知識があるか
調査目的に応じた調査計画・プロセスの選択ができるか
特許データの情報処理力(データのマージや統計処理)があるか
特許の法律知識(出願経過参酌などの請求範囲の解釈や必要な最低限の特許法知識)があるか
非特許文献に関する各種リソースの知識があるか
根気と責任感...など

 特許を調べたい、と思いましたら、是非、プロパティ社にご相談下さい。

プリンタ出力用画面

前のページ
産業財産権の調査
コンテンツのトップ 次のページ
出願前調査
特許機械翻訳(日中韓英)
▼高品質のニューラル翻訳

展示会(出展予定など)
▼【11月7日〜9日】特許情報フェア2018

特許情報フェア