ポータルサイト開発事例(2)






人手により調査分類した分析に加えて、データマイニングによる分析の二系統を完備したポータルサイトです。人感覚によるデータのクラスタリング及びそれに基づく統計と、データマイニングによる「気づき、発見」を行えるパテントランドスケープ/テクノロジーランドスケープを実装したポータルサイトとしました。




このポータルサイトの開発は、弊社と業務提携しているインドのSPA社が行いました。主題に応じて、様々な分野での調査が可能(SPAでは主に英語文献)です。とりわけ、科学技術文献(非特許文献)の調査においては、必要な数多くのデータベースやWEB上の情報を収集し、データ形式の整合処理を致します。貴社が所有するデータであれば、お打合せの上、ポタールサイトに適したデータ処理をしてデータベース化します。

TIDのデータマイニングに関して

TIDでは、人の分析によるカテゴラズ→統計という手法に加えて、一つの技術的分析手法として、データマイニング・クラスタリング技術を使用しました。分析者は、クラスタリング技術を利用して、索引付けされたコレクション全体またはその絞られた部分の内容を把握ができます。データマイニングは、予期せぬ技術領域や、キーとなる技術や著作者/発明者/出願人への気づき、発見知に役立ちます。







サイト名: 特許検索技術と高精度の特許調査   http://www.property.ne.jp
この記事のURL:   http://www.property.ne.jp/modules/tinyd2/index.php?id=6