データベース開発事例


 MyIpbaseは、日常的に使用したいデータだけを収録して運用する特許データ用のデータベースプログラムとして開発されました。




MyIpbaseは、Lampサーバーが持てる環境であれば、プログラムディレクトリを複写してインストールするだけの軽快な検索機能付きデータベースです。基本的なCSV構造のデータと、リンクしたい画像データを所定のディレクトリに保存してセットアップするだけで、直ぐに独自のデータベースがイントラネット上で運用できます。





MyIpbaseは、管理者設定画面を備えていて、管理者は複数のユーザーのIDとPASSワードを発行することができます。ユーザーは更に、情報管理者とエンドユーザーに分けて構成することができるので、各ユーザーの付与した特許分類やメモをグループウエア的に運用することができます。



MyIpbaseは、商用の特許データベースと同様の検索機能を備えているだけでなく、検索式を保存して、アイコンや文字タイトル等のディレクトリインデックスとして表示させる機能を備えています。このため、各エンドユーザーは、ホームページのリンクをクリックするような感覚で検索が可能です。




MyIpbaseは、項目構造を多少アレンジすることで、様々なデータを取り込むことが可能です。この図例では、日本語の項目に合わせて中国の意匠データを収録し、ロカルノ分類等で検索を可能としています。


【新機能】 図面検索対応表示

MyIpbaseは、表示形式として、列数と行数を指定することで、最大4000図を一度に表示する機能を付加することができます。図面は代表図として指定の多い図1をデフォルトとして表示しますが、図2以降を指定して表示することも可能です。




サイト名: 特許検索技術と高精度の特許調査   http://www.property.ne.jp
この記事のURL:   http://www.property.ne.jp/modules/tinyd2/index.php?id=2