権利調査

権利調査/抵触回避/クリアランス/FTO
権利調査(侵害回避判断・新規参入時の調査)は、製品化の際に障害となる具体的な特許の存在を確認する調査です。この調査では、レポーティングよりも、調査観点の分析が重視されます。つまり、どの点が他社に取って特許となり得るかを想定する必要があります。新規参入の際には、パテントマップを作成して、市場情ネーションにより特許群との対比を俯瞰することも有効です。


権権利侵害回避調査の特徴
過去の権利情報に対する知識資産が存在しない場合は、自社製品に対するリバースエンジニアリング(製品の技術解析)に近い状態になります。権利抵触性判断における弊社のリバースエンジニアリング作業の特徴は、先行技術の解析と同時に進行させることです。これは、スピーディーな先行技術に対する全体俯瞰と、製品解析視点へのフィードバックが可能でなければできません。常に、相互に情報がフィードバックされる環境下においてしか優れた権利抵触性判断の調査は不可能です。簡単に言えば、弊社のノウハウが反映された調査では、母集団から直線的にノイズリダクションを実施する調査計画のみが提案されることはあり得ません。
また、先入観で、「もうこんな技術は当たり前」と思って調査すれば、そのまま調査漏れとなってしまいますので、注意が必要です。
スタンダード(標準的な価格
【日本】  120,000円/技術観点
 ・一般に他社の権利の存在があると予測する範囲を特定することが難しい調査になります。特に新規参入時には、広い範囲の先行技術調査を実施した上で、技術観点をよく整理した後(所謂、イ号特定をした後)に調査を実施することが通常です。





サイト名: 特許検索技術と高精度の特許調査   http://www.property.ne.jp
この記事のURL:   http://www.property.ne.jp/modules/tinyd0/index.php?id=4