侵害事件における証拠収集調査

特許無効手続き等の証拠収集調査について
侵害事件における他社情報(製品・カタログ)を収集します。競合企業の登記の情報や製品分析等を致します。 困難な業務を支援−ライセンシング、証拠収集など...  未利用の特許のライセンシング・仲介は、最近の注目分野ですが、同時に円滑に取引を成立させるのは困難な業務の一つです。プロパティのスタッフは、技術評価から広報活動まで貴社の業務を支援します。


リバースエンジニアリングについて

「リバースエンジニアリング」では、他社製品の内部を分析して自社の特許を侵害している可能性の製品部分を特定する分析等を行います。また、逆に他社製品と他社特許とを相関分析して侵害・公知部分を明らかにする分析などを行います。

■分析が手法的に可能な製品対象と、不可能に近い製品対象がありますので、興味の有る方は、別途お問い合わせ下さい。





サイト名: 特許検索技術と高精度の特許調査   http://www.property.ne.jp
この記事のURL:   http://www.property.ne.jp/modules/tinyd0/index.php?id=11