>>>  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 
事業所案内
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

最新の特許の分析方法について教えて下さい。
回答者: Ipjohobu 掲載日時: 2009-4-14 9:25:42 (2520 回閲覧)
分析方法で近年注目されてきたのは、データマイニング・テキストマイニングです。これは、帰納法的な分析方法で、つまるところ、人工知能的な解析方法です。弊社では、日本電子計算社の「ワードマイナー」、SOMのアルゴリズムを利用した「SOMINE」等のアルゴリズム用いたり、そのソフトウエアを販売しておりますが、分析結果の意味付けが発見知であり、欠点は、分析の表現の場を制御することが困難なこと、適正な辞書を持たない限り、シソーラスによる分析ができないことがあります。
個々の特許を目視観察してクラスタリングして表現する方法は、演繹的な分析方法ですが、日本人の思考プロセスには、こちらが向いていると考えられます。ただし、分析結果の場を制御することについては、あまり、注目されていませんので、特許分析は現実的な問題解決ができないのでは、という印象を持たれている方もいるかも知れません。
尚、目視観察してクラスタリングする技術では、TRIZ等の分析方法が比較的新しい分析方法です。