>>>  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 
事業所案内
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
FAQ(よくある質問) > 企業の技術者の方

カテゴリ FAQ
 企業の技術者の方
4

回答者: Joho 掲載日時: 2009-4-14 9:20:21 (1567 回閲覧)
特許等の工業所有権の調査は、例えば、工業所有権情報館の電子図書館などで無料で調べることができます。しかし、権利期間20年を超える調査においては、国際分類やファイルインデックスを使用して複数の検索システムを別のアプローチで調査する等のたいへんな手間と労力がかかります。これらのニーズにお応えするのがアウトソーシングの役割だと思っております。


回答者: Joho 掲載日時: 2009-4-14 9:20:55 (1560 回閲覧)
はい。当社では、サーチアシスタントが、主に母集団からスクリーニング(余分なノイズ情報をカットすること)を行い、次いで、その分野について過去に調査経験のある調査スタッフが精査してご報告をします。このシステムで、過去に依頼のあった多くの技術分野に対応してきました。現在、医療バイオ(農業系バイオは可能)を除き、電気・自動車・化学・機械・建築等の幅広い分野で調査が可能です。


回答者: Joho 掲載日時: 2009-4-14 9:22:15 (1589 回閲覧)
依頼される技術内容や目的により異なりますが、例えば、「香りの出る人形」について過去20年間の先行技術を集めるような場合、誇張して言えば、約半日で目的の資料を提供できると思います。これは主に技術的判断が容易であるからだけでなく、検索システムにマッチした目的である場合だからです。通常の調査の場合には、一週間から一ヶ月程度の納期を頂いております。


回答者: Joho 掲載日時: 2009-4-14 9:22:52 (2266 回閲覧)
非特許文献については、国会図書館、都立図書館などから入手が可能です。開示されている情報があいまいな場合でも、年代や著作内容から推定して文献入手致します。文献によっては、JOIS・DIALOG等のデータベースから、代行入手できる場合もあります。



弁理士試験BASIC 不正競争防止法 (弁理士試験シリーズ)

  (東京リーガルマインド) 
弁理士試験BASIC 不正競争防止法...

アマゾンの知財関連の書籍