>>>  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 
事業所案内
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
FAQ(よくある質問) > 一般的なご質問について

カテゴリ FAQ
 一般的なご質問について
5

回答者: Admin 掲載日時: 2008-10-16 11:59:31 (1628 回閲覧)
特許情報というのは、一般に、出願された特許出願明細書に関しての公開情報(公報)のことを言います。この情報から、出願の内容や、その出願を行った発明者・名義人(出願人)・その技術の属する分野−国際分類(技術分野)を読み取ることができます。また、より多くの情報を取り扱うことで、技術体系や技術動向・出願人の動向等を読み取ることができます。


回答者: Joho 掲載日時: 2009-4-14 9:04:37 (1818 回閲覧)
特許情報には主に次のような特徴があります。

? 最先端技術を体系的知ることができます。
 特許制度は、先願主義に基づいていますので、企業や研究機関は、技術の独占的な権利化を競いあって出願します。一方、公開制度により、出願された全ての明細書は、一般に公開されますので、特許情報を調査することで、先端技術を把握することができます。

? 権利を確認することができる。
特許制度により公開された情報は、他の一般情報とは異なり、技術に対する権利の範囲が-示されています。


回答者: Admin 掲載日時: 2009-4-16 11:17:33 (1719 回閲覧)
・フロント頁
公報の第1頁を慣例上フロント頁と呼んでいます。この頁には、書誌事項とその 内容の要約、代表図が掲載されています。

・抄録
公報の第1頁には掲載されない請求範囲を含ませる等の作成者により異なるオリジナルのフォーマットを言います。一件一葉・三件抄録等の種類があります。

・公報全文・全文明細書とは
詳細な説明、図面を含む公報全体を示しています。過去の実用新案公報は、要部公開であったため、公報と全文明細書の違いがありました。現在は、ほぼ公報と全文明細書は同一です。


回答者: Admin 掲載日時: 2009-4-16 17:26:20 (1708 回閲覧)
知的財産権は、知的創造活動について権利保護を与える慣用的な表現で、財産権としての性質から、有体財産と比較して無体財産(権)と呼ばれることもあります。弊社では、「特許」「実用新案」「意匠」「商標」から構成される「工業所有権」を主に扱っていますが、音楽や小説、絵画などの「著作物」に関するマネージメントも行います。その他、半導体集積回路(半導体チップ保護法)、不正競争防止法、種苗法等も知的財産権に含まれますが、半導体集積回路以外は、調査、弁護士さんへの協力という形でのサービス実績があります。


回答者: Admin 掲載日時: 2009-4-16 17:58:24 (4044 回閲覧)
平成14年9月1日から「先行技術文献情報開示制度」(特許法第36条第4項第2号)が新たに設けられました。これは、特許出願を行う際に、「その出願に係る発明に関連する発明を知っている場合に、特許出願人はその先行技術文献情報を特許出願明細書に記載する必要がある」ということです。この制度は迅速な審査の実現を主たる目的として設けられたものです。特許法第36条第4項第2号

「その発明に関連する文献公知発明(第二十九条第一項第三号に掲げる発明をいう。以下この号において同じ。)のうち、特許を受けようとする者が特許出願の時に知っているものがあるときは、その文献公知発明が記載された刊行物の名称その他のその文献公知発明に関する情報の所在を記載したものであること。」
先行技術文献情報開示要件を満たしていない場合

先行技術文献情報とは、主に「文献公知発明」のことを示しています。「文献公知発明」は、「特許出願前に日本国内又は外国において頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明(第29条第1項第3号)」をいいます。

この先行技術文献情報と出願の発明との関係性は、
?特許を受けようとする発明と文献公知発明とが属する技術分野の関連性
?特許を受けようとする発明と文献公知発明との課題の関連性
?特許を受けようとする発明と文献公知発明との発明特定事項の関連性に基づいて判断されます。

先行技術文献情報開示要件を満たしていないと審査官が認めるときには、第48条の7の規定に基づきその旨の通知がなされ、意見書を提出する機会が与えられ、意見書により要件が満たされない場合は、拒絶されます(第49条第5号)
明細書への記載の仕方

文献公知発明が記載された刊行物の名称その他のその文献公知発明に関する情報の所在を記載します。情報の所在ごとに行を改めて記載し、特許、実用新案又は意匠に関する公報の名称を記載しようとするときは「【特許文献1】」の欄を設け、「特開○○○○○○号公報」のように記載し、学術論文の名称その他の情報の所在を記載しようとするときは「【非特許文献1】」の欄を設け、著者、書名、発行年月日等の必要な事項を記載します。また、文献公知発明を含め、特許を受けようとする発明に関連する従来の技術についても、なるべくそれを記載します。

また、記載場所は、原則として発明が解決しようとする課題の記載の前に記載するものとし、「【従来の技術】」の見出しを付す、とされています。「特許文献」又は「非特許文献」が二以上あるときは、次のように「【特許文献1】」、「【特許文献2】」、「【非特許文献1】」、「【非特許文献2】」のようにそれぞれ記載する順序により連続番号を付して記載します。



内部統制の本質―“SOX法”を超えて (知的資産創造アンソロジー)

三宅 将之  (野村総合研究所広報部) 
内部統制の本質―“SOX法”を超えて...

アマゾンの知財関連の書籍