>>> 特許調査・意匠調査・商標調査 中国特許調査  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 
産業財産権(特許)調査
中国特許調査

中国の特許調査・意匠調査とは
 中国の特許調査は、中国国家知識産権局の無料データベース等で検索することができます。
しかし、現在、公開されている無料データベースで発明の内容で検索する場合は、一般に検索する項目としては、国際特許分類と、発明の名称、要約のみの検索しかできません。



中国特許庁(知識産権局) 初級者向け







また、多くの商用データベースでは、これに加えて請求範囲が検索対象となりますが、第一請求項のみを検索対象としています。
 中国の特許調査の問題点の一つは、言語の壁がありますが、それ以前に、全文検索(全請求項と詳細な説明)の環境が整っていないことが挙げられます。
 これは、中国の知識産権局で発行されている公報のテキスト化が限定されていて、日本等と異なるためです。インターネットからは、中国专利信息中心の検索システムで、この状況を確認することができます。



CNPAT 実務者エントリ向け




 中国国内では、唯一、全文のデータを調査に必要な一定の期間を網羅して作成している機関は、中国国家知識産権局出版社です。同社からはデータベース・CNIPRとして提供されています。



⇒ (参考情報) 中国特許検索データベース CNIPR(中国知識産権局出版社) 専門家向け




(注) 現在、中国知識産権局では試験的に新しいデータベースが公開されています。同様に、CNIPRからも新しいデータベースが試験的(無料で使用できるデータには制限があります)に公開されていますが、両者が無料、後者が有料データベースとしての位置づけになります。

 弊社では、中国のネイティブスタッフが、詳細な説明を対象として検索できるデータベースを使用して、日本特許や米国特許と全く同じコンディションで中国特許調査を実施します。
 中国特許調査の場合には、更に、データの補完作業を行ったり、例えば、侵害回避の場合においては中国国内の弁理士による精査等の調査サービスを高い品質で行うためのノウハウが必要です。 詳細は、弊社の担当者までお問い合わせ下さい。 全体像の理解には、発明推進協会の書籍、「中国特許調査の最前線」をご覧下さい。
プリンタ出力用画面

前のページ
製品・商品調査
コンテンツのトップ

なるほど図解 商標法のしくみ (CK BOOKS)

  (中央経済社) 
なるほど図解 商標法のしくみ (CK BOOKS)

アマゾンの知財関連の書籍