>>> 特許業務に役立つ書籍(ダイヤモンド社ミニブック)  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 
特許業務に役立つ書籍

経済産業調査会の書籍はこちら

 知的財産権早わかり     2010年版   定価609円(税込) 

A5版(52頁)
発行年月 2010年03月
《内容紹介》
 ゼロからわかる知的財産権の基礎知識 関心が高まっている知的財産権の基礎知識を、Q&A形式でわかりやすくコンパクトに解説。
 昨年版より「不正競争防止法」「特許・実用新案」「特許ライセンス」「未利用特許」など特許に関する基礎項目と、ネット環境の変化からますます重要性を増している「著作権」「ソフトウェア保護」に関する知識項目を追加しています。 1項目につき見開き2ページで構成し、図や表を使ってわかりやすさを追求したスタイルはそのままです。
 この1冊で複雑な知的財産権の体系を俯瞰できるので、知識の導入に最適です。

コンテンツ

Q1 知的財産権とは/Q2 知的財産の重要性とは/Q3 特許、実用新案とは/Q4 意匠とは/ Q5 商標とは/Q6 著作権とは/Q7 不正競争防止法と/Q8 特許ライセンスとは/Q9 未利用特許とは/Q10 職務発明とは/Q11 特許の出願手続きとは/Q12 外国への特許出願とは/Q13 新しい知的財産権とは/Q14 ソフトウェア保護の方策とは/Q15 知財に関する国際的な動きとは/Q16 特許権侵害とは/ Q17 特許成立を妨げる方法とは/ Q18 特許係争とは/ Q19 特許調査の方法とは/Q20 これからの知財戦略とは/ 用語解説

 ニュースで追う特許権     2010年版   定価609円(税込) 

A5版(52頁)
発行年月 2010年03月

 

《内容紹介》
 ゼロからわかる知的財産権の基礎知識 関心が高まっている知的財産権の基礎知識を、Q&A形式でわかりやすくコンパクトに解説。
 昨年版より「不正競争防止法」「特許・実用新案」「特許ライセンス」「未利用特許」など特許に関する基礎項目と、ネット環境の変化からますます重要性を増している「著作権」「ソフトウェア保護」に関する知識項目を追加しています。
 1項目につき見開き2ページで構成し、図や表を使ってわかりやすさを追求したスタイルはそのままです。
 この1冊で複雑な知的財産権の体系を俯瞰できるので、知識の導入に最適です。

コンテンツ

 液晶パネル特許係争、シャープと韓国サムスンが訴訟合戦/クレメジン後発薬係争、「仕様変更後は非侵害」判決にクレハ控訴/「トヨタのハイブリッド車が特許侵害」米ペイスがITCに提訴/越後製菓が「切り餅」特許権侵害で佐藤食品を東京地裁に提訴/エラストマー特許権侵害めぐり韓国で三井化学がLG化学を提訴/エプソンの互換インクカートリッジ訴訟、米国で業者の控訴棄却/Wiiリモコンの米国特許権侵害めぐり任天堂とヒルクレストが和解/ヤマハ発動機が産業用ロボット特許権侵害でアイエイアイを提訴  etc.
【資料編】
 2009年に起きた特許権関係の主なニュース・事件/2008年に起きた特許権関係の主なニュース・事件

ニュースで追う著作権・商標権     2010年版   定価609円(税込)  

A5版(52頁)
発行年月 2010年03月

 

《内容紹介》
 ニュースを追えば時代が見える。2009年に起きた著作権・商標権に関するニュースや係争事例33件を、多面的に解説した一冊。 2009年に起きた著作権・商標権に関するニュースや係争事例33件をセレクトし、多面的に解説した本書。
 「知的財産早わかり」と併せて活用することで、著作権および商標権に関する事例がより詳しく立体的に理解できます。
 実際に起きた係争をクリップしているからトレンドが一目瞭然。本書に収録した事例をケーススタディとすることで、リスクマネジメントの一助としてお役立てください。

コンテンツ

著作権 中国ドラマをCSのスカパーで無断放映、放送会社に損害賠償命じる/アディーレ法律事務所の過払い金回収本、著作権侵害で弁護士が提訴/映画「やわらかい生活」脚本掲載拒否、原作者の絲山秋子さんを提訴/雑誌をネット閲覧、日本雑誌協会の抗議で「コルシカ」サービス中止 etc.

商標権 「エンゼルスィーツ」と「天使のスィーツ」は類似、森永製菓が勝訴/アスクル中国現地法人が商標権侵害、コクヨに損害賠償支払いで和解/「大隈重信」商標出願、早大などの反発を受け福島の業者が取下げ/類似本の「朝バナナ」は商標権侵害ではない、ぶんか社の請求を棄却  etc.

今日から使えるパテントマップ入門     定価609円(税込)   

A5版(52頁)
発行年月 2008年03月

 

《内容紹介》
 パテントマップの種類と特徴を網羅した使える一冊!分析したい情報にはどのパテントマップが最適かが一目瞭然にわかります! 
 パテントマップの作成は、勝利する開発戦略を考えるための有効な一手段。開発効率を高める姿勢が一層求められ、研究開発の効率向上のためには、パテントマップをナビゲータとして活用することが不可欠です。本書は、パテントマップの種類と特徴を網羅し、分析したい情報にはどのパテントマップが最適か一目でわかるようになっています。代表的なものについては、実際に作って活用できるよう、具体的なテーマに沿った作成手順を明示しました。 

コンテンツ

〈活用目的、見方を知りたい〉1.パテントマップの活用目的/2.パテントマップの見方、読み方
〈数、動向、分布、関係を知りたい〉 1.ランキングマップで主導が分かる/2.シェアマップで占有状況が分かる/3.時系列マップで動向が分かる/4.レーダーマップで変化とバランスが分かる/5.マトリクスマップの基礎を知る etc.
〈技術の展開、内容を知りたい〉1.技術発展マップで技術の流れが分かる/2.要旨リスト/構成部位マップで技術が一覧できる/3.クレームマップ、クレームチャートで権利関係が分かる etc.
〈作成方法を知りたい〉1.作成手順1 分析に用いるデータ、観点について/ 2.作成手順2 キーワード処理と情報加工について/3.作成手順3 データ集計と情報分析について etc.
〈活用方法を知りたい〉1.企業の多角化を調べる/2.企業の先進性を調べる/3.業界の注目分野を調べる/4.研究機関の協力関係を調べる/5.研究者の歩みを調べる/6.製品の特性を調べる/7.技術の広がりを調べる<用語解説>  etc.

ビジネス実務の視点から理解する「個人情報保護法」   定価609円(税込)  

A5版(52頁)
発行年月 2010年03月

 

《内容紹介》
 2005年に全面施行された個人情報保護法。適切なルールで個人情報を取り扱うよう求めたこの法律だが、いまだに過剰対応をはじめとした誤解や混乱が発生している。
本書は「個人情報」を集め、使う立場にあるビジネスパーソンの視点に立って、具体的な事例とともにわかりやすく丁寧に解説している。
疑問を理解に変えることで、正しい対応ができるようになることを目指した一冊。 

コンテンツ

個人情報保護法の基礎知識/情報を集める時、使う時のルール/1.個人情報保護法とは?/2.保護すべき対象情報は?/
3.個人情報取扱事業者の義務/4.違反するとどうなるの?―行政規制と罰則/5.表示義務と法定公表事項/6.情報漏えい等の事故とその対応/個人情報管理体制構築のポイント
コラム1「個人情報の漏えいの法的責任」
コラム2「規範の特定――個人情報保護法の階層的構造」
コラム3「JIS Q 15001とプライバシーマーク制度」
コラム4「データ内容の正確性」の確保(法19条) 

ネット時代のビジネスマナー 情報モラルの基礎知識   定価609円(税込) 

A5版(52頁)
発行年月 2010年03月

   

《内容紹介》
インターネットやパソコンソフトなどITツールを使いこなす際に必要となる情報管理のノウハウの総称「情報モラル」。情報化社会への変革に伴い、つい数年前には想像もできなかったことが実現したと同時に、企業情報の漏洩や、コンピュータウイルスの蔓延、ネット犯罪の発生など、さまざまな混乱も発生しました。「情報モラル」を身につけることは、情報化社会のリスクを減らし、トラブルを未然に防いだり、被害を最小限にとどめることにつながります。本書は、すべてのビジネスパーソンの情報マナー向上ツールとして、また、新入社員教育の必読テキストとしてご活用ください。 

コンテンツ
情報モラルの基礎知識
(情報モラルとは何だろう/情報モラルに関わるルールとマナー/個人情報保護の重要性を覚えておこう/情報モラルとコンプライアンスについて/情報モラルと情報リテラシーの関係性)
インターネットと情報モラル
(インターネットを利用する際の注意点/会社のパソコンを私的利用できるか?/電子メールのマナーをおさらいしよう/インターネットとIPアドレス)
他人の権利を侵害しないために
(日常業務で意識するべき著作権とは/著作物を私的に使う場合の注意点/著作権法の違反行為を助長させないために/ネット利用で注意すべき権利とは)
大切な情報を守るために
(セキュリティ対策の必要性について/ヒューマンエラ−とその対策/コンピュータウイルスの脅威とは/その他のセキュリティ対策について/情報管理の必要性/違法コピーのリスクとは/会社の中でのソフト管理の必要性とは/著作権の帰属契約と法人著作について)/情報モラルの本質と応用/海外子会社のソフトウェア管理

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
特許業務に役立つ書籍
コンテンツのトップ 次のページ
特許業務に役立つ書籍
Eラーニング操作ガイド
◎右下のフルスクリーンボタン(Escapeで解除)で閲覧できます。