>>>  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 

================================================================

 米国では、約5年前に、ライフサイエンス関連発明の特許性を左右する大きな最高裁判決があり、米国特許商標庁の審査基準が変わりました。欧州では、英国がEUから離脱する、いわゆるBrexitがUnitary Patent/Unified Patent Court制度の発効に大きな影響を与えようとしています。このような米国と欧州の大きな変化の中で、日本ではクレームの記載に関係する判決が出されており、国内外ともに目が離せない状況が続いています。
 このセミナーでは、日米欧三極の医薬バイオ関連の特許実務の「今」をご紹介すると共に対策について言及いたします。各国の内容は、下記の通りです。

================================================================
開始時間 13時30分
定員数 20人
予約締切時間 2019-11-29 12:30

ご予約はこちら


担当者 admin  登録日時 2019-10-8 11:27 (438 ヒット)

前のイベント
特許機械翻訳(日中韓英)
▼高品質のニューラル翻訳

展示会(出展予定など)
▼【11月7日〜9日】特許情報フェア2018

特許情報フェア