>>>  | 知財セミナ | お知らせ | 中国特許調査 | リンク集 | サイトマップ | お問い合せ | 会社案内 | ENGLISH MT 

test
担当者 admin  登録日時 2018-4-2 16:22 (1523 ヒット)
================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆AIとITを利用した特許調査・非特許文献調査の最前線〜実例を通して〜セミナー<無料>のご案内◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本セミナーは、近年、話題となっているAI(人工知能)を情報系の知財業務に取入れる際に、どの様な考え方が必要か、実効性は存在するのか等について、SciTech Patent Art社(インド)のDr. Srinivas Achanta氏を講師として、最先端のAI及びIT技術を駆使した特許及び非特許情報分析について、これまでの応用実績を通じて知見を紹介して頂きます。
 本セミナーは、同社の実績例を通して、日本の各企業で行われている様々な情報系のワークフローを再考する点でも多くの参考的な示唆を与えてくれるかと思います。

================================================================
開始時間 13時30分
定員数 70人
予約締切時間 2018-5-8 12:30
================================================================

【日時】2018年5月8日(火) 13:30〜16:30

【会場】新宿住友スカイルーム Room2
(〒163-0247 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル47F 現地連絡先03-3344-6983)

https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/shinjuku/sankaku/access

<セミナー内容>

Part1 AIとは〜人工知能の知財情報分野での定義と応用
 a)アーティフィシャルインテリジェンスと現実的なアシステドインテリジェンス
 b)スクリーニング・クラスタリング等における教師あり学習の効果・活用例
 c)その他(AIの現実的な活用(SciTechの経験から、どのようなタスクへの活用が可能か)

Part2 知財分野でのIT利用シーン
 a)競合他社分析・動的活用/ポータライズによる発見
  (リアルタイム性、継続性、及びその効果)
 b)イノベーション活動促進を目的とした知財部、R&D、事業部門の積極的連携促進
 c)非特許情報(技術文献、科学文献、新聞、ジャーナル、ビデオ等)の有効活用
 d)特許アラートのR&D部門及び事業への有効活用

Part3 海外特許検索システム〜WIPS-GLOBALの活用(簡単なご紹介のみ)

<講師> Dr. Srinivas Achanta

Profile
Dr. Srinivas Achanta is the Founder of SciTech Patent Art. Dr. Achanta founded Scitech Patent Art (SPA) in the year 2002 in response to a call requesting patent analytics help from the R&D organization of a Fortune 50 company. Dr. Achanta was on the Board of Directors of SPA until 2012 when he joined the firm full-time as Chairman and Managing Director. Dr. Achanta brings with him extensive experience in innovation, strategy and marketing
in global markets. He served as Senior Marketing Director for India and Southeast Asia at UOP, a Honeywell Company until 2012. Prior to this role, he served as Strategy and Business Development Director in Honeywell's corporate headquarters in New Jersey. He has also held positions with Booz & Company as a management consultant and The Procter & Gamble Company as a group leader in Emerging Technologies. A Merit Award winner in Chemical
Engineering from IIT Madras (India), Dr. Achanta holds a Ph.D. in Chemical Engineering from Purdue University (USA) and an MBA with High Distinction from University of Michigan (USA).

<通訳・モデレータ> 吉野 仁之

Japan IP Network株式会社・代表取締役
1990年に英国国営の技術移転会社・BTGの在日代表として、核磁気共鳴装置、
無段変速機、RFID、ジャイロセンサー、医薬・農薬技術等の技術移転活動に従事。
以来、国際的技術移転、特許ライセンス、特許売買・資金化、ロイヤルティ監査、
特許及び非特許情報の調査分析等、技術や知的財産に関する広範な活動を展開。



受付を終了しました